[編集スタッフブログ]「スゴ&エコ」なパーツを発見

 ブリッツから「Touch-B.R.A.I.N.」というパーツが発表された。56通りの組み合わせを実現するデジタルメーターでありながら、ブリッツが開発したECUデータに書き換えができるというパーツである。

 電子メーターに、ECU書き換え機能をもたせたというだけでも画期的だが、エコドライブを支援する機能が充実しているのだ。瞬間燃費や平均燃費、積算燃費、区間燃費、消費燃料、燃料代金など細かく項目が分かれている。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

blitz1装着は、クルマの検診コネクターに差し込むだけ。3.5インチフルカラーTFTタッチパネルを採用していて、手に持ってみるとまるでiPoneやiPodを連想させる。クルマのインパネに置いてもとてもお洒落な感じがする。

 ECUデータを書き換えてもノーマルデータを保存しておくことができるので、簡単にノーマルに戻すことができるというのも魅力。

 エコ表示は、アナログ風メーターと組み合わせた2連表示のほか、デジタル6連表示も可能。リアルタイムでエコ運転を意識させてくれる。

 面白いのは、エコポイント機能が搭載されていて、自分で目標とする燃費を設定し、目標を達成できればたくさんポイントがもらえ、高いポイント数値が表示される。希望に届かない走行状態であれば、低い数値がポイントとして表示され続けるのだ。デジタルメーターに褒められたいというのもおかしな発想かもしれないが、せっかくエコ運転を頑張ったのだったら、頑張った証しを残したいという気持ちになるだろう。たくさんポイント表示されると「あぁ俺、エコ運転頑張ったな?」という気持ちになれる。

 とりあえず一部の外車用として発売されるが、今後日本車へのラインナップも増えるという。スポーツ走行とエコドライブを両立するためにも、魅力的なパーツだ。

 (XaCAR編集部・大野田)

画像ギャラリー