[編集スタッフブログ]新型マーチのアイドリングストップ、冬場はほぼ出番ナシ!?

「既存の地味な技術の積み重ねで、ハイブリッドカー並みの低燃費を安価に実現したガソリンエコカー」という点が気に入って、昨年8月に新型マーチを購入。以来、早くも半年が経ちました。その中で良くも悪くも気になり続けているのは、CMでも盛んにアピールしている「アイドリングストップ」です。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

idlingstopマーチのアイドリングストップは、クルマが停止すれば必ずエンジンが止まる、というものでは決してありません。実際には「ブレーキを踏んでいる」「路面の勾配角が6%以下」「車速が20km/h以上に達した後である」など作動条件はいくつかありますが、中でも「エンジンが充分に温まっている」という条件は、特にこの寒い時期には想像以上に厳しいものでした。

 元々、絶対的な排気量が小さいためエンジンが温まりにくく、ひと晩以上乗らずにいると、10分以上走ってもコールドランプが消えてくれません。しかも私のように、ほとんど近所への買い物にしか使わないとなると、アイドリングストップが作動しその恩恵にあずかる機会はほぼゼロになってしまいます。

 その結果として、直近の給油後平均燃費は8.8km/L。いくら山坂ばかり走ったとはいえ、この数字にはさすがに泣きが入りそうです…。

 (XaCAR編集部・遠藤)

画像ギャラリー