[編集スタッフブログ]ハイブリッドカーのありがたみ実感

 大地震があった11日の夜、会社のプリウスに乗り帰宅。途中千葉県に住むトモゾウを送ったのだが、液状化の実態に驚かされた。道路のアスファルトがめくれ上がっていたり、家が傾いていたり、あまり報道されていないが相当の大惨事であった。

 裏道を駆使して深夜に帰宅し、翌日ガソリンスタンドに行くも、どこも売り切れ状態。近所のガソリンスタンドにタンクローリーが入るのを確認して、すぐに並んだが長蛇の列。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

Exif_JPEG_PICTURE

 ガソリンメーターが残り2目盛りだったので、EVモードにして並ぶ。こういう時、電気だけで走ることができるプリウスの有り難みを感じる。ガソリン車の場合は、停車している時エンジンを切れば良いのだが、EVモードにしていれば30分ぐらいはタラタラ走れる。

 電気自動車も良いのだが、現在生じているような事態になると考え物だ。日本ではハイブリッドカーが合ってるのかもしれない。

 (XaCAR編集部・大野田)

画像ギャラリー