[編集スタッフブログ] ポルシェ、918スパイダーの予約受注開始 !!

 ポルシェジャパンは、5月13日(金)よりプラグインハイブリッドドライブを搭載したスーパースポーツカー、918スパイダーの予約受注を全国のポルシェ正規販売店にて開始する。918スパイダーは全世界918台の限定生産モデルだ。

 生産は2013年9月18日から開始される予定で、最終的な組み立てはシュトゥットガルトにあるツッフェンハウゼン工場で行なわれ、納車は2013年11月から開始される見込み。

 気になる車両価格は、68万4800ユーロ(約8250万円)と発表されている。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

po_9183_r_3_2市販型918スパイダーは、ジュネーブモーターショー2010で公開されたコンセプトカーとほぼ同様で、500ps(368kW)を発揮するV8エンジンに、
合計218ps(160kW)以上を発生させる2つの電気モーターを組み合わせた
ハイブリッドモデルだ。

po_9183_r_2フロントとリアのアクスルにはそれぞれ電気モーターが搭載され、前後アクスルの駆動力を独立して制御する。このため、918スパイダーは可変4WDシステムを実現している。

 また、バッテリーには水冷式リチウムイオンバッテリーを採用し、通常の家庭用コンセントから充電することが可能となっている。電気モーターのみによる走行距離は25km以上(NEDC)に達し、フル充電までの時間は電力条件によって異なるが、ドイツの場合で約3時間。充電時間をさらに短縮するための急速充電オプションも計画されている。

 この結果、918スパイダーの燃料消費量は100kmあたりわずか3L(NEDC)に過ぎず、CO2排出量に換算すると70g/kmとなる。

 カーボンファイバー強化プラスチック製のモノコックボディを持つ2シーターのボディ構造もコンセプトカーで示されたものとほぼ同様だ。

コンセプトカーと異なるのは、市販バージョンには手動式のルーフシステムを備えている点で、この脱着式ルーフパネルはフロントラゲッジコンパートメントに収納できる。

po_9183_r0→100km/h加速は3.2秒以下、最高速度は320km/h以上に達する。
(電気モーターのみで走行する場合の最高速度は150km/h)。

 さらに驚くべきことに、918スパイダーは7分30秒以内でニュルブルクリンク北コースをラップするという。これは、7分32秒を記録したカレラGTがを上回るパフォーマンスを誇ることになる。
(XaCAR編集部)

画像ギャラリー