[編集スタッフブログ] レクサスFスポーツを乗り比べ

 5月14日(土)に富士スピードウェイで開催した『XaCARレクサスFスポーツ乗り比べイベント』。これは2月に開催した『STI tS乗り比べイベント』に続く第3弾で、ノーマルとスポーツモデルの比較試乗がメインとなったもの。参加人数68名、土屋圭市さんや五味康隆さん、レクサス開発陣も多数参加して盛りだくさんの一日となりました。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

xacarmeeting今回比較用として用意したのは、CT200hとCT200h Fスポーツ、IS350とIS350 Fスポーツの2組4台。土屋さん運転の同乗試乗用としてIS250、合計5台。富士スピードウェイの駐車場に1周1分程度で走れるコースを作り、ノーズダイブやダブルレーンチェンジなど、挙動の違いを体感していただけるようにしました。

 試乗した人からは「Fスポーツの足に惚れてしまいました」とか「気持ちイイ走りが体感できました」「高級かつスポーティな走りにビックリしました」といった感想が聞かれました。土屋さんの横に座って試乗した人は「感動しました」とか「土屋さんのテクニックを間近に見られて嬉しかったです」など楽しんでいただけたようです。

 午前中に試乗を行ない昼食後は、トークショーを開催しました。レクサス開発チームと土屋さん、五味さんらに、開発秘話を含めた熱いトークが交わされました。内容は、運転技術の基礎知識から、普段なかなか聞くことができないマル秘トークも炸裂していました。

 手前味噌ではありますが、レクサスに初めて乗った人も、すでにレクサスを所有している人も、楽しんでいただくことができるイベントになったと思っています。ザッカーでは、今後も読者の方に喜んでいただけるイベントを開催していきますので、今回参加できなかった人も次の機会には是非きてくださいね。

 追伸:イベント当日は大変天気が良く、編集部員をはじめスタッフの顔は真っ赤に日焼けしました。(XaCAR編集部・大野田)

画像ギャラリー