[編集スタッフブログ] VWがなんとWRC参戦

 パリダカールラリーで王者を手中にしたフォルクスワーゲンが満を持して、ついに2013年からWRCに参戦することを発表した。参戦車両はコンパクトハッチバックのポロをベースとした「ポロR WRC」。

 なぜ、突如VWが参戦を決定したのかというと、2011年シーズンより1.6L以下の直噴ターボエンジンの使用が認められたためだ。これにより、1.6L直噴ターボを搭載するポロでの出場が可能となった。WRC参戦にあたり、駆動方式はFFから4WDとなり、ワイドとレッドや化や300psにエンジン出力が高められるという。

 ラリーというフィールドに戦いを挑むVWの決意。市販者にも必ずやその経験がフィードバックされるだろう。VWの勢いはとまらない。

 (XaCAR編集部)