[編集スタッフブログ] ロードレーサーはピュアスポーツカーと同じ

 たまにはクルマ以外のことも書いてみよう(笑)。実は昨年12月に突発的にロードレーサーを買ってしまった(最近乗れてないが)。クロスバイク感覚でクロモリフレームのロードレーサーを購入したのだが、これがあまりお気楽な乗り物ではなかった。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

roaoracer_3たとえるならクロスバイクが快適なセダンだとすれば、ロードレーサーはエリーゼやスーパーセブンなどのピュアライトウエイトスポーツカーだ。なんせ重量が10kgを切るものも多く、素人が気合を入れてペダリングするだけで簡単に時速30kmに達する。これは原付並みのスピードだ。

 また、車高の低いピュアスポーツが乗り降りでやや難を強いるように、ロードレーサー特有の前傾姿勢やクッションのないサドルも、慣れないと尻が痛くてしょうがない(笑)。そう、ロードレーサーに乗るのはスポーツなのだ。

 はっきりいってそこまでの覚悟がなく、なんとなく購入した僕は最初、乗りこなすのに苦労した。慣れてきたころ、一度慢心して転倒したが、時速25kmからの転倒はものすごく痛く、そして体があざだらけになった。痛い教訓だ。

 でも、ロードレーサーは自分がスーパーマンになったかのごとく、信じられない距離を走行することができる。20km~40kmを走破することだって容易だ。休日にスポーツカーで汗を流すのもいいけど、たまにはロードレーサーでスポーツしてみるのもオススメだ。

 (XaCAR編集部・石川)

画像ギャラリー