[編集スタッフブログ] トモゾウ留守番日記番外編 ザッカーレクサスミーティング その1

炎天下の富士スピードウエイにて

 今週は5月14日(土)に富士スピードウェイで行なわれた、ザッカー主催の「レクサスFスポーツ乗り比べ」でのお話を5日間の連載でおおくりしましょう。今回のイベントのテーマはレクサスIS350とIS350Fスポーツの比較、そしてレクサスのプレミアム・ハイブリッドCT200hとCT200h・Fスポーツ乗り比べです。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

xacarmeeting1乗り比べをメインとしたザッカーイベントは昨年から第3回目。本当は4月にCR-Zのイベント予定があったのですが、地震の影響で延期になってしまったんですよ。

xacarmeeting2そんなわけで久しぶりのイベントは、5月中旬とは思えないような炎天下で行ないました。読者参加人数は場所や内容の関係で50人に制限させていただきました。トモゾウは今回初めて現地にも出向いてお手伝い! こんなに多くのザッカー読者の方々と会うのは初めてでした。会場は富士スピードウエイの大きな駐車場でした。

「トモゾウって誰?」ですって、受付していた小娘ですよ?。皆さん覚えていますか。

xacarmeeting3今回のイベントにはゲストとして、あの有名な土屋圭市さん、最近ザッカーブログにもよく出て来る自動車ジャーナリストの五味康隆さん、そしてレクサス技術系トップクラスの方が5名、さらにトヨタの広報部の本間さん、宮田さんが偵察に…という豪華なイベントになりました。もちろん、富士スピードウエイの西川さんはじめ皆さんにお世話になりました。XaCARメンバーや助っ人の人を加えて、なんと90人くらいが集まったわけです。

 五味さんは前日から編集部の山本さんと一緒に、仲良くコース作りをしてくださいました。ザッカーの無理なお願いを聞いて下さって、五味さんありがとうございます。このイベントの話は、まだ続きがありますよ。

 (XaCAR編集部アシスタント・トモゾウ)

画像ギャラリー