[編集スタッフブログ] トモゾウ留守番日記番外編 ザッカーレクサスイベント その4

読者の同乗は、大変なのか?

 まだイベントの話は続きます。飽きないで読んでください。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

xacarmeeting5ISのチーフエンジニア古山さん、おでこが日に焼けてしましましたね。古山さんには、ISのFスポーツについて、熱心に説明していただきました。

 今回皆さんに比較試乗してもらったのは、排気量の大きいIS350でした。土屋圭市さんが言うには、IS250のほうが、馬力はないけどクルマトータルのバランスがいいとのこと。なぜか編集長は、ハイパワー好きなのか「僕はIS350Fスポーツが好きなんだけどなー」とコッソリ(?)つぶやいていました。

xacarmeeting6読者の皆さんの運転するISの助手席に同乗してくださった実験部/レクサスマイスターの伊藤さん(右側)、ありがとうございました。フルブレーキあり、パイロンスラロームあり、障害物よけあり、という試乗コース。コース設定した五味さんも読者の横に同乗してもらいました。

 五味さんや編集部の人は同乗していると「皆さんの運転は、それぞれマチマチだから、長く同乗していると気持ちが悪くなる」と言っていましたが、さすがレクサスマイスターの伊藤さんは、全く平気「みんなの運転の仕方がわかって、車の設定の参考になる」とのこと。すごいです。

 (XaCAR編集部アシスタント女子・トモゾウ)

画像ギャラリー