[編集スタッフブログ] トモゾウ留守番日記番外編 ザッカーレクサスイベントその5(最終回)

 先日、富士スピードウエイで開催したXaCARレクサスFスポーツ比較イベントでは、編集部からのサプライズ企画がありました。それは土屋圭市さんが運転するIS250の同乗走行です。

 土屋さんの運転する姿を真近で見れたり、直接運転について聞いたり、クルマの中で揺らされたり(?)と、みなさんとても満足そうな笑みを浮かべていましたね。小さなお子様が同乗した時に、「パパの運転は気持ち悪くなるけれど、おじちゃんの運転は気持ち悪くならないね」と言われたそうです。(おじちゃんって、土屋さん…ププ)同乗者のクルマ酔いにならないのも、運転技術があるからなんだそうです。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

xacarmeeting9トークショーでは、土屋圭市さんが、編集長に厳しい突っ込みを入れたり、マル秘かと思うような話がレクサスの開発陣から飛び出したり、こちらも大盛況でした。

 試乗車以外にもIS250とCT200hが用意してありました。乗り比べ中はエンジンをかけることはできないのですが、運転席に乗り込んだり、ぺたぺた触ったり、クルマを下から覗いたり、じっくり観察できて待ち時間を有効に使えたようです。

xacarmeeting11せっかくの機会に小さなお子様がパパに教わっていたり、夫婦で仲良く過ごしたりと和やかな光景、温かい気持ちになりました。

xacarmeeting10_2お天気に恵まれたイベントは大成功だと思っています。レクサスには、なかなか乗る機会がない、という意見から編集部が考えた企画でした。今回参加された方々、関係者の方々、本当にありがとうございました。ザッカーイベントはこのまま上昇気流に乗って次回も開催するので、楽しみにしてお待ちくださいね。

 (XaCAR編集部アシスタント女子・トモゾウ)

画像ギャラリー