[編集スタッフブログ] イクリプスのiPhone対応ナビでクルマがSNSになる!?

 富士通テンのカーナビゲーション「イクリプス」の2011年夏モデルとして、メモリーナビ3機種が6月1日に発表された。中でも注目を集めているのは、エントリーモデルの「AVN-F01i」(オープン価格)だ。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

eclipse目玉は何といっても、3種類からなるiPhone連携アプリケーションの存在だ。たとえば「TwitDrive」(ツイットドライブ)なら、Twitterアカウントを利用し地図上に写真やつぶやきを投稿することで、ドライバー同士がドライブ情報を共有したり、コミュニケーションを取ることも可能になる。

 また、エンジンOFFで駐車した場所が自動的に記録さ、大型駐車場などでも簡単に自分のクルマを見つけられる「どこCar」、ニュースを音声で読み上げてくれる「Carニュースリーダー」も用意されている。

 これらを利用するには、アプリケーションをApp Storeで無料ダウンロードし、iPhoneを「AVN-F01i」に接続するだけでOK。 ナビも車載SNS化していくのだろうか!?

 (XaCAR編集部)

画像ギャラリー