[編集スタッフブログ] 「XaCAR駐車場でシビック・タイプRユーロを学ぶ」

 シビックって単純にシビックと呼んだり、シビックタイプRって呼んだり、タイプRユーロって呼んだりで、詳しい事はイマイチ理解してなかったのです(クルマ好きの皆さんごめんなさいね)。

 何しろ、編集部に来るシビックは全部がタイプR。シビックは編集部のディーゼルとタイプRだけだと思い込んでいました。普通のグレードがあることに気がつかなかったのです。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

civictypereuroそこで、洗車の時に編集部山本さんがいたので、聞いてみると目をギラギラ&ウルウルさせながら教えてくださいました!

 日本で売られているシビックはセダン、欧州で売られているシビックはハッチバックなんだそうですね。名前のうしろにユーロが付くと欧州車、さらにタイプRと付くと走りがスポーティな、ホンダ・スポーツの象徴!

 実は2006年からXaCARはホンダさんに、欧州シビックのハッチバック・タイプRを日本に入れて欲しい、とお願いしていたそうです。その時XaCARは独自に、イギリス製のシビックユーロを輸入したそうです。でも、それはタイプRではなく日本には売っていないディーゼル。

civictypereuro2タイプR好きの編集長は、その前の型のタイプRドイツ仕様を輸入したことがあったそうです。そこで、今度は日本にはないディーゼルに興味津々。1台のために排ガス検査を受けたようです。「あのころ、イギリスのポンドが高く、500万円もかかった」ようです。いまなら半額近い!そのクルマは編集部のガレージに止まっています。

 さて、欧州シビック・タイプRですが、願いが叶って2009年の年末に日本に導入され、最初の2010台の限定は完売。そのあとで1500台が追加されたそうです。

 写真のシビックはそのタイプRユーロです。つまり欧州車のスポーティなシビックです。今、新車で買える唯一のタイプRなんですって。「日本のタイプRはもうないよ…」と少し悲しそうに山本さんは話されました…。

 (XaCAR編集部アシスタント女子・トモゾウ)

画像ギャラリー