[編集スタッフブログ] 成瀬さんのコーナーに来ました!

 2010年6月23日、トヨタのマスターテストドライバーだった成瀬弘さんがニュルブルクリンクから旅立った日である。そう、あれからもう1年経ったのである。僕は、その6月23日、その場所を訪れることができた。ニュル24時間レース取材の途中である。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

nurニュルを訪れたクルマ好きの日本人が、必ず立ち寄るという「成瀬コーナー」が見える場所の目と鼻の先に、桜が2本植えられている。その枝ぶりから品種の違いがわかると思うが、ドイツの桜(写真左)と日本の桜(同右)である(この写真の奥のコーナーが事故現場である)。

「僕はニュルブルを攻略したい。だからこの歳になっても、あの“緑の地獄”に通い続けるんですよ」と、事故の1週間前に行なった、XaCARのロングインタビューでの“成瀬節”が今でも耳に残っている。成瀬さんは、こよなくニュルを愛していた。ニュルのことは「ニュルブル」と呼んでいた。

naruse_san成瀬さんが精魂こめてチューニングしたLFAは、生産が始まり次々とユーザーの手にデリバリーされている。同時に、開発の途中だったハイブリッドスポーツカーコンセプトは第2世代に進化した。今年のLFAレースカーは24時間レース・トップ10入りを目標に、去年よりもカラ―リングがさらに鮮やかになった。色が鮮やかになる…クルマの「味」が増してきたことを意味しているそうだ。

 味作りの旅は、成瀬さんの「味」を継承しながらも、今も進化を続けています。

 (ニュルブルクリンクにて、XaCAR編集部)

画像ギャラリー