[編集スタッフブログ] ホンダアクセスのフィット・シャトルを試乗

 朝、会社に来ると、城市編集長からいきなり「フィット・シャトルはかなりいい!!」という発言。フィットより重く、サイズも大きくなっているので、走りはそんなに…と思っていたのですが、この前乗ってビックリしたプリウスα(プリウスより全然走りがいいです)の事もあるし。やはり「乗らなきゃわからん」というわけで、ホンダアクセスのデモカー(ハイブリッド)に乗って、ひとっ走りしてきました。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

fitshuttle1 フィットよりサイズアップしたボディは、フィットよりも広々というわけではありませんが、そもそもフィットが、クラストップの広大な居住スペースを持っているわけで…。主にラゲッジスペース拡大に充てられているそうです。

fitshuttle2 乗って一番驚いたのは、フィットよりも「静か?」という点。ロードノイズはもちろん、エンジン音もかなり抑えられています。開口部を観察してみると、フィットにはないシールが装着されていたり、二重になっていたりと、かなり音に対して気を使っているようですね。

 走りもフィットよりもかなり洗練されています。クルマのキャラクターから考えると、想像以上に硬めなフィット・ハイブリッドに対し、快適性はアップしていながらフラット感も高いセッティングはGOOD。重さがサスペンションにはいい方向に働いているのかもしれませんね。ただ、このクルマはアクセス・オプションのレカロシートを装着していたので、その効果も大きいような気もしますが…。

 プリウス→プリウスαほどの違いはありませんが、フィット・シャトルはいいクルマに仕上がっています。ただ、クルマ好きの皆さんが考える「ホンダらしさ」という点では…ウーンと言った感じ。
編集長は「実用車として考えるなら、プリウスαの納車を1年待つよりフィット・ハイブリッドでしょ」「クラスが違うといっても、普通に考えるとプリウスαのライバルじゃない?」と言っていますが、値段もかなり差がありますので、ガチンコにはならないと思います。このアタリは、議論の余地ありです。

 ただ、一番心配なのはプリウスαとの云々ではなく、インサイト→フィット・ハイブリッド→フィット・シャトルと、自社のクルマ同士で食い合いをしていないか? という点。この後に7人乗りのフリード・ハイブリッドが出てしまったら…ちょっと心配ではあります。

 (XaCAR編集部・山本)

画像ギャラリー