[編集スタッフブログ] 日産ラフェスタのボディカラーの謎

 井川遥が「よっ、イケダン!(イケてる旦那)」と声をかけるCMが印象的な日産ラフェスタハイウェイスター。実はこのラフェスタハイウェイスターはマツダ・プレマシーのOEM車であり、マツダ宇品工場で生産されている。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

nissan ラフェスタハイウェイスターのコミュニケーションカラーとなっているスパークリングブラックだが、マツダのとあるクルマと同色の外装色を使っているのをご存じだろうか? これを知っている人はかなりのマツダ通に認定したい。

 その車種とは、なんとロータリーを搭載した唯一無二のスポーツカーRX-8だ。これはちょっと難しいクイズだったかな。

 ハイウェイスターのスパークリングブラックは実はRX-8に設定されるボディカラーだったのだ。これは日産側がマツダに、「ぜひRX-8のスパークリングブラックマイカを使わせて欲しい」と頼んだことから実現したという。

 スポーティなミニバンのラフェスタハイウェイスターに、まさにぴったりのボディカラーだったというわけ。

 (XaCAR編集部・石川)

画像ギャラリー