[編集スタッフブログ] C型レガシィ アウトバックで1500km走行 その1

運転がうまくなった+疲労感が少ないクルマ

 新型(C型)レガシィ アウトバックの長距離ドライブへ出かけた。新しくなったレガシィ(C型)の評判がとても良いので、長距離を走ってその実力を試したくなったのだ。名古屋?東京の往復と、東京?山中湖の往復で試乗したのだが、この上なく快適なクルージングを楽しめた。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

Outback1 名古屋の往復で1番に感じたことは、往復で約1000km近くも走ったのに疲労感がとても少ないということ。先代までのレガシィだと、シートが身体に馴染まなくて腰が痛くなっていた。もともと腰痛持ち(さらにウエイトオーバー!?)ということもあるが、レガシィで長距離走るのは気が重かったのだ。
ところがアウトバックでは、身体を包み込むようなシートのおかげで、腰痛持ちであることを忘れてしまうほど身体にマッチしていた。

 また、身体に疲労感が残らなかった理由として、クルマの動きが良いということも考えられる。これは走りの部分が改良/熟成されたことが大きい。リアラテラルリンクの外側にピロボールブッシュを採用したほか、フロントスタビライザー取り付けブッシュの硬度を変更するなど、「上質な走り」のための工夫が施されている。

Outback2 その結果、従来モデルと比べると、非常にしなやかな動きが実現されており、クルマが無駄な動きをしなくなった。無駄な動きをしない=クルマを思うままに操作できるということ。アウトバックは他のレガシィと比べると全高が高いのだが、それを感じさせないハンドリング。これが「運転が上手くなる」につながるし、ドライバーの身体に大きな負荷を与えない理由といえるのかもしれない。

 (XaCAR編集部)

画像ギャラリー