[編集スタッフブログ] C型レガシィ アウトバックで1500km走行 その2

より賢くなったアイサイトの実力を堪能

 長距離走行すると、どうしても渋滞に遭遇する。そんなときに役立つのがアイサイトだ。アイサイトを使った高速走行時は、車間距離が必要以上に空い てしまう。これは安全マージンを大きくとっているからだと思われるが、正直言えばクルマの流れについていけず、少しイラッとすることもあるのだが、渋滞に なるとアイサイトの威力が発揮される。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

Outback3 日本の高速道路渋滞によくある30~40kmぐらいの速度でたらたら動くような状況でアイサイトを使うと、まるで自動操縦しているかのごとく、的 確にアクセル&ブレーキ操作をしてくれる。アイサイトの制御もC型になって改良されたポイントで、「ぶつからない」と「ついていく」機能がよりスムーズに 行なえるようになった。

 欲を言えば、ブレーキが少しドライバーが想像しているよりも強めに効く感じがするので、贅沢を言えばより滑らかな操作を求めたいところ。ただ、ア イサイトの価格(約10.5万円高)を考えれば十分に許せるレベルである。この値段でこの性能を手に入れられることを思うと、これはバーゲンプライスだと 思う。他のメーカーにも似たようなデバイスはあるものの、まだまだ高価なので普及しない。みんなに使ってもらうことを優先したアイサイトは立派だと思う。

 なお、アイサイトを装備したレガシィについての詳しい記事は現在販売中のXaCAR8月号に掲載されています。

 (XaCAR編集部・大野田)

画像ギャラリー