[編集スタッフブログ] トヨタのパーソナルモビリティ体験試乗

 今回はお留守番から飛び出て「留守番日記出動編」です。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

iREAL1 7月16日(土)からお台場メガウェブのシティショウケース内に約300メートルのネクスト体験ゾーンが新設され、トヨタが作ったi-REAL(アイリアル)という次世代の乗物に試乗できます。

 この未来チックな乗り物は、電動の3輪車なんです。モーターショーなどに展示されていましたが、いよいよ体験試乗ができるようになりました。社長の椅子が動き出す、という感じの一人乗りの乗り物です。

 歩くスピードと同じ時速6kmの歩行モードと、原付バイクに近い走行モードでは時速30kmも出るみたいです。今回は体験走行なので、時速5kmくらいに抑えてあります。それでもみんな楽しそうでしたー。

 平日に3回、休日に4回と試乗する機会があり、各回6名まで。希望者が多いと抽選になります。

 さらに8月1日からは、i-REALが1日2回のほか、Winglet(ウィングレット)というひとり乗り2輪車にも体験試乗できます。

 イベントなどで時間が変更になることがあるので、行く前にホームページをチェックしてくださいね。
http://www.megaweb.gr.jp/Event/Winglet_ireal/

 お台場は東京の観光名所のひとつ。増加する海外のお客さんにも対応し、英語、中国語、韓国語を話せるスタッフの方も交替で待機していました。対応言語は各回で変わるので、会場の看板で確認してみてください。

iREAL2 この時は韓国語を話せるスタッフの方がいらっしゃいました。この人は日本語も上手ですが、韓国の人の日本語の話し方ってかわいいですね?。

 ちなみに120cm以下、90kg以上の体型の人は乗ることができないので 小さなお子様とお相撲さんはご了承くださいまし。

 (XaCAR編集部アシスタント女子・トモゾウ)

画像ギャラリー