[編集スタッフブログ] 電気自動車リーフのレーシングカーに乗ってきました!!

 2011年のニューヨークショーで発表された、電気自動車リーフのレーシングカー「リーフNISMO RC」に乗ってきました。場所はリーフの故郷である追浜工場の近くにある試験場「グランドライブ(1周3.8kmの一般道を模したコース)」。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

LeafNismoRC2 このクルマ(いやマシンと言ったほうがいいか)、「EVのドライビングプレジャー」を訴求するのが目的で開発された物です。

 確かに市販車よりも背が低く幅も広いだけでなく、ミドシップの後輪駆動、さらにカーボンモノコックと市販車とは全く違うのですが、量産車のイメージはちゃんと残っていますよね。たとえるならば、グループBのラリーカーのようなイメージですか!?

LeafNismoRC3 ちなみに、パワートレインはリーフの市販車と同じものを搭載しています。80kW、280Nmのスペックなので、「見せかけじゃないの…」と思う人もいるかもしれませんが、車重が925kgと軽量なため(量産型は1520kg)走りは別物。パワーウェイトレシオこそ11.56?/kWですが、トルクウェイトレシオで見ると、その数値は3.30kg/Nmとスーパースポーツカー並み。0→100km/hは6.85秒。ちなみに、筑波サーキットでの最速ラップタイムは1分7秒16(ニスモ計測)を記録しています。

LeafNismoRC4 で、実際に乗ってどうだったか? パワートレインが何であっても、「面白い物は面白い」です。

「電気自動車は音がしないから…」

 ちゃんと音します。それも車速に合わせて音がどんどん高くなっていきます。だから、気持ちの盛り上がり感は、内燃機関と何も変わりません。僕のような1年に1度しかレースにでない「七夕レーサー」の場合、レーシングカーの発進は難しいのですが、コイツならアクセル踏むだけでOK。最高速は150km/hではありますが、ゼロ発進加速は超気持ちいい!!

LeafNismoRC5 パワートレイン以外の印象はというと…ダイレクトな操作感、ガッチリした乗り味、スパルタンなインテリアなどなど、すべてが本格的レーシングカーの“それ”です。ARTAのNSX-GT(GT500)の助手席に乗った経験から推測すると、恐らくスーパーGTのGT100クラスがあったらこんな感じなんだろうな…と。

 そんなリーフNISMO RCは現在8台存在します。それなら「ワンメイクレース」だったり、排ガスでないから「屋内競技」だったり、普通のレーシングカーより音がしない(無音ではありまぜんが)ので「公道コースによるレース」などなど、いろいろなアイデアが浮かんできます。あと…せっかくの本格EVレーサーなのですから、JEVRAの「EVレース(テスラが連勝中)」や「ニュルEV最速(トヨタ TMGが記録)」にはチャレンジしないのでしょうかね?

 (XaCAR編集部・山本)

画像ギャラリー