[編集スタッフブログ] 走行中に充電するTDKの驚くべき展示

 最先端IT&エレクトロニクスの祭典CEATEC JAPAN2011。個人的にダントツで面白かったのがTDKブースだった。

 常に人垣ができているTDKのブース、覗いてみるとトレンドのワイヤレス充電技術が披露されていた。TDKのワイヤレス充電技術は、磁場共鳴現象を利用することで給電側のコイルと受電側のコイルに効率的に電力電送を行なう最新のものだ。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

tdk1ブースには給電スタンドにセッティングされたヘッドホンに、ワイヤレス充電される様子がわかるデモが展示されていた。この技術が実用化されれば、給電側の プレートにスマートフォンやデジカメ、PCなどを置くだけで充電が完了するという、夢のようなデジタル生活が送れるようになるだろう。

tdk2そして、さらに驚かされたのがこの技術を応用した電気自動車への非接触充電システムだ。電気自動車の模型が、充電スポットを埋め込んだ箇所を通過すると、模型の受電側コイルに電力電送され、ワイヤレス充電されるデモが展示されていた。

 走行中に、道路に埋め込まれたコイルから電気自動車側のコイルに電力伝送することが可能となれば、電気自動車のイメージや概念もガラリと変わることは間違いないだろう。それほどTDKの電気自動車へのワイヤレス充電技術はインパクトのある展示だったと思う。

 実際に実用化されるには、インフラの完備やコストなどさまざまな問題があるだろうが、将来的にはぜひとも普及して欲しい未来を感じさせてくれる展示のひとつだった。

 (XaCAR編集部・石川)

画像ギャラリー