[編集スタッフブログ] ジョンクーパーワークスの世界

 エコカーばかりが注目される昨今だが、クルマ好きにとって走って楽しいということは、とっても重要なことである。MINIが新たに投入した 『ジョンクーパーワークス』は、メーカーがノーマルのMINIにパワーや剛性アップを施したメーカーチューンモデルで、まさに走って楽しいクルマなのだ。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

MINIそんな『ジョンクーパーワークス』の試乗会が富士スピードウェイで行なわれた。MINI/MINIカブリオレ/MINIコンバーチブルそれぞれのジョンクーパーワークスに試乗したのだが、ゴーカートフィールで操ることができる操作性の良さと、ストレートでアッという間に200km/hオーバーに達するハイパワーは圧巻だった。

MINI2また、会場ではMINIブランド最速となる、クーペのジョンクーパーワークスのお披露目もあった。MINIブランド・マネージメント執行役員カイ・ゼグラーさん(写真左。右はドライバーのHendrik Viethさん)のインタビューも掲載する。

 (XaCAR編集部・大野田)

画像ギャラリー