[編集スタッフブログ] EVレースで、人生初めての金メダルに赤面

 昨年に続き、JEVRA主催のEV50kmレース大会にアイ・ミーブで出場して来ました! 昨年とは違い今年はなんと、EVレースに急速充電器を設置している菊水電子工業さんとXaCARのコラボチームでの参戦です。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

Jevra1全日本レースということで、ドキドキしながら大会が行なわれる袖ヶ浦フォレストレースウェイに行きましたが、僕の出場するEV-3クラスは2台のみのエントリー。つまりトップかビリかという、まさに天国か地獄のどちらかという極端なシチュエーション(汗)。

 予選はアイ・ミーブで袖ヶ浦フォレストレースウェイに慣れるため、ゆっくり走行しました。そしていよいよ決勝です。なんと決勝直前にぽつぽつと雨 が降り出して、レース開始時には路面はウェットに。他のクラスにエントリーしているリーフやテスラはSタイヤを履いているクルマが多かったのですが、我が アイ・ミーブはノーマルタイヤ。まさに、恵みの雨! ということで雨が降り出した時点で冷静さを取り戻しました(笑)。

 スタート後、ペースがつかめず、千葉自動車大学校アイ・ミーブとテセラの後方を走行。前を行くアイ・ミーブに追いつこうと頑張りますが、テセラに 引っかかりなかなかパスできず。すると、4コーナーを過ぎたところでミラEVが転倒しているではないですか!? これにより赤旗となり、リスタートとなり ました。

Jevra2リスタートは全18周。XaCAR&菊水アイ・ミーブはテセラに引っかかっていたこともあり、リスタートではライバルのアイ・ミーブとテセラの前に出るこ とに成功しました。ここからはほぼ全開(自分のスキルの範囲で)。雨で速度が上がらないので、全開でもバッテリーはほぼ持つと判断したからです。そして何 度かライバルのアイ・ミーブに接近されましたが、無事リードを保ったままゴールすることができました。12周でライバルのアイ・ミーブがスピン→リタイヤ したことで精神的にはかなり楽に。

Jevra32台中、1位になっただけなのに、生まれて初めての金メダルまでいただいて、嬉し恥ずかしとはこのことでしょうか(笑)。また出場したい! と思わせるEVレースでした。

 (XaCAR編集部・石川)

画像ギャラリー