[編集スタッフブログ] Audi e-tronプロトタイプ その2 アウディの考えるEVの味付けは?

[XaCARブログ] Audi e-tronプロトタイプ その2 アウディの考えるEVの味付けは?

 アウディの電気自動車A3e-tronプロトタイプ(先行開発車)には、エネルギー回生の回生量をドライバーの意思で変えられる面白い機構がついている。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

a3etronprototype通常エネルギー回生というと、リーフやi-MiEVでは、ブレーキ協調回生機構を持ち、シフトゲートに「B」や「ECO」といったモードを使って 回生量を2段階で使い分ける。テスラ・ロードスターの場合は、アクセルの踏みシロで回生量が変わるように設計されており、アクセルの戻し具合で回生を自在 にコントロールすることが可能だ。

1_2このA3e-tronプロトタイプでは、パドルを設けており、左側のパドルはダウンシフトならぬ回生量増大、右側のパドルはシフトアップではなく回 生量減少。アクセルオフ時の減速の効き方を、減速のない空走モードから、パドルの操作回数で回生を3段階で追加することが可能。

 パドルをうまく使えばマニュアルモード付きATと同じような感覚で、減速をコントロールできるというわけだ。シフトゲートには「B」モードを設けており、「B」モードに入れている場合はパドルは効かないようになっている。

 そしてブレーキ協調のシステムは使用していない。ブレーキは、機械式ブレーキだけ。きちんと止まるためのブレーキとし、違和感なく安心して踏めるようにしたいという意向だ。

 一方、発進加速はどうなるのだろうか?

 リーフやi-MiEVは、アクセルを踏んだときの加速で違和感を感じないよう、わざと内燃機関搭載車両からそれほど遠くないところにセットしてい る。逆にテスラ・モータースが作り上げたテスラ・ロードスターは、EVの良いところを全面に出しEVらしさをアピールしたいという思いもあって、 0→96km(60マイル)/h加速で3.7秒を実現している。

technicaldataこのA3e-tronプロトタイプでは、現在のところ0→100km/h加速で11.2秒とスペックが発表されている。これは日産リーフと同じ程 度と思われる。せっかくアウディが出すのだから、もう少しスポーティな数字が踊ると楽しいなぁ、と思うところだ。

画像ギャラリー