[編集スタッフブログ] トシ新井のスーパーテクニックを満喫

 皆さん、先週末の3誌(ザッカー、カートップ、ベストカー)合同開催のメガウェブフェスタには、遊びにきていただけましたか? とくに日曜日はマ ツダ787Bやトヨタ7をはじめとする往年のレースカーのデモラン走行、ラリーカーによるダイナミックなパフォーマンスなど盛りだくさんのプログラムでし た。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

Arai_1そんななか、なんと幸運にもWRCで活躍する新井敏弘選手のインプレッサに、同乗走行することができました! 実はラリーカーの助手席に乗るのは、これが2度目。緊張しましたよ(笑)。

 それにしても本物のラリーカーは凄い。加速のGはものすごく、被っていたヘルメットが後のシートにたたきつけられるほどです。ラリードライバーは首も強くないと、あのGには耐えられないでしょうね。

Arai_2新井選手の走りは、まさに圧巻のひとこと。メガウェブ構内の細い通路内で、リアをスライドさせながら走行したり、ストレートでは8の字を描くドー ナツターンを繰り返したり、凄かった。とくにドーナツターンは助手席に乗っていても、どこを走行しているかわからなくなるほどです。アクセルとサイドブ レーキ、そしてステアリングを修正しながら、ドーナツターンを繰り返す新井さん、意外なことに実に涼しい顔。

Arai_3「普段、ラリーのときはもっと狭い場所でターンすることも多いよ。フロントとリアのバンパーをガードレールに当てながらターンしたりもするしね」とカウンターを当てながら、クールに語ってくれました。

 ドーナツターン後は、タイヤの煙が車内にも侵入してきて、視界不良になるほどの派フォーンマンスを繰り返してくれた新井さん。焦げたようなゴムの匂いは忘れることのできない思い出を、僕の脳裏に焼き付けてくれました。

 (XaCAR編集部・石川)

画像ギャラリー