[編集スタッフブログ] 営業マンに似合うクルマはアルテガGTかそれともプロボックスか!?

 見た目はすっごいおしゃれなアルテガGT。ドイツのNSXだと編集部のスタッフはお気に入り。現在発売中のXaCAR1月号で、土屋圭市さんと鈴木亜久里さんがインプレッションしているので、詳しい内容は誌面でご覧いただくとして。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

Takawa1この日はたまたま交通タイムス社の広告部の高輪さんが、トヨタのプロボックスという営業車で編集部に来られました。プロボックスというクルマは、営業車で多く走っているそうですね。シッカリした走りと荷物が積めて安い、というプロボックスですが、ワタシはまだ乗ったことないです。

 XaCAR駐車場にあったアルテガGTとプロボックスの前で写真をパチリ。どっちが似合うかなー?

Takawa2前回は販売部のお話しをしましたが今回は広告部の紹介をします。営業部長はやさしい感じの小木さん。メーカー別、代理店別で担当が分かれていて、さらに雑誌ごとで、担当が分かれています。

 こちらの高輪さんは、タカナワではなくタカワと読みます。とても人懐っこい人です。メモはキレイに取る人ですが、なぜか、そのメモを見るのを忘れて編集部の人にからかわれていたりします。

 営業と言う仕事は、疲れて大変なんでしょうね。

 (XaCAR編集部アシスタント女子・トモゾウ)

画像ギャラリー