[編集スタッフブログ] ホンダの新スーパースポーツ「アキュラNSX」をナマで見たら・・・!

 デトロイトモーターショー2012の目玉のひとつと言えば、やはりコレでしょう!! アキュラの「NSXコンセプト」。ベールが剥がされた時、 ショー初日に発表されたどのクルマよりも、“歓声”と“拍手”が大きかったモデルでした。それくらい“NSX”に期待していた人が多かったんだと思います。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

 他の自動車メーカーのエンジニアやデザイナーも多数押しかけ、様々な部分を観察していたのにもビックリでした!!

NSX02その中には、サイオンFR-S(トヨタ86)のお披露目のために来場していた多田哲哉さんの姿も…。お話を聞いてみることにしましょう。

「想像していたよりもコンパクトなサイズで驚きました。なかなかカッコいいデザインですよね。エンジニア目線で見ると、市販のために考えられている部分がたくさんありますよ。でもそれ以上に、“スポーツカー”で会場が盛り上がっているこの光景がうれしいですね」

NSX03XaCARはコイツのために現地へ向かった…と言っても過言ではありません。最前列をキープするのに、プレス発表1時間前から場所取りしたくらいですので…。今回のものはデザインを表現するモデルと言いながらも、外見にはメカニズムを表すエンブレム「SH-AWD」と「HYBRID」がシッカリと 付いていました。

 (XaCAR編集部・山本)

画像ギャラリー