[編集スタッフブログ] テスラの充電器設置戦略!

 日産リーフや三菱i-MiEVにとって、外出先での心強い見方といえば、DC充電のチャデモ方式の急速充電器。日産、三菱両ディーラーをはじめ、高速道路やEVの普及を推し進める各地の自治体、サービスステーションなど、日本各地に設置が進められている。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

TeslaHPClalaportIwata一方、その日本のチャデモ方式を採用していないテスラ。一充電あたりの航続距離が約400kmと非常に長く、実走でいえばリーフの3倍近い航続距 離(つまり1/3の充電器数でOK?)を持っており、近中距離での移動ならばほぼ問題ない。さらに、テスラ ロードスターを購入したオーナーは、自宅以外にもオフィスや別荘などに独自に充電器を設置するなど、個人的な充電器設置は多い。とはいっても、自宅以外に 充電が必要となることもある。

 では、テスラはどうしているのか?

TeslaHPCtokyoWestinHウェスティンホテル東京(東京都目黒区)、ウェスティン都ホテル京都(京都市東山区)、星のや軽井沢(長野県軽井沢町)、明神館(長野県松本 市)、リーガロイヤルホテル(大阪市北区)、ベラビスタ境ガ浜(広島県尾道市)、西鉄グランドホテル(福岡県福岡市)といったホテルや旅館に積極的に設置を進めている。もちろん、他にも、ショッピングモールや道の駅、サービスステーションといった場所もあり、これらを含めると、すでに日本全国に25ヵ所以 上の公共施設に設置を完了している。

TeslaHPCfukuokanishitetsuGH設置しているのは、テスラのハイパワーコネクター充電器(価格は20万4750円。200V/70Aまで利用が可能。重量は21kg。充電が終了すると自動的に停止する)。充電1時間で約100kmほど走行が可能になるという(つまり全くのカラでも4時間程度で満充電=約400kmの走行が可能となる計算だ)。

TeslaHPC目的地の宿まで走行してしまえば、充電器につないで就寝。すると翌日もまた航続距離をフルに走れるわけである。この充電器は、テスラ モーターズの日本法人が独自に設置を進めている。2010年5月に日本正規上陸を果たしてから、わずか1年半で、ここまでのインフラを整備しているという ことは驚きである。テスラ ロードスター自体は少量の販売台数であるが、この後に続くモデルS、そしてモデルXへの足掛かりとしても、このインフラ整備は必要だということであろう。

 さらに、テスラでは、さまざまな対応プラグを用意している。日本国内での充電に対応すべく、家庭でよく見かけるアースのついた100Vはもちろ ん、丸型200V、平型200Vに対応する。国産EVが平型200V一本やりである(オプションで100Vを用意する)ことと比べたら大きな違いである。 充電をいつでもどこでも不自由なくすることを第一に考えた結果であり、それは非常にユーザーフレンドリーであると思う。

 国産EVユーザーのためにチャデモの急速充電器も、たとえば山の上ではなくふもと部分に集中設置するとか、ディーラーの定休日や営業時間を考えな くてもいいように開放時間を変えるなど、もっと使用する側にストレスにならないような施策を考えてもらいたいと思う。

 (XaCARレポーター・青山義明)

画像ギャラリー