[編集スタッフブログ] 男の人生をかけた86チューニング

 レーシングドライバーのMAX織戸こと織戸 学選手が、D1初戦に向けて86のチューニングに取り組んでいる。そこで都内近郊にある秘密工場へと出かけた。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

max_orido画像はこちらMAX織戸は、作業用つなぎにドカチン用ヘルメットという独特の作業スタイル、いつも通りの満面の笑みで「どう、このクルマ。イカしてるでしょう」と出迎えてくれた。

orido画像はこちらそこには、すべてが剥ぎ取られた86のボディに、IS Fの5.0L V8エンジンが搭載されたクルマがあった。86にこのエンジンを搭載することが、いかに大変だったか、ボディ各所に見られる溶接の跡を見れば容易に理解できる。

「今は、3月20日のシェイクダウンに向けて、必死にクルマを製作しています。とにかく、みんながビックリするような86に仕上げて見せますから楽しみにしていてください」と熱いコメントをくれた。

 (XaCAR編集部・大野田)

画像ギャラリー