[編集スタッフブログ] グランドチェロキー風エントリーモデル『コンパス』発売

 クライスラー日本は、JEEP『COMPASS(コンパス/298.0万円)』を3月3日より発売した。一見グランドチェロキーを連想させるスタイ リングだが、全長4460mm×全幅1810mm×全高1665mmとグランドチェロキー(全長4825mm×全幅1935mm×全高1785mm)より もひと回り小さなボディサイズになっている。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

Compass1こんなにクロカン的スタイルでありながら、日本のジープブランドとして初めて2WD(FF)のみを導入するという。これは価格を抑えるためのことで、あくまでJEEPのエントリーモデルという位置づけなのだ。

 エンジンは、直列4気筒2L DOHC16バルブ。最高出力115Kw(156ps)/6400cc、最大トルク190Nm(19.4kgm)5100rpm。燃費は10.5km/L(JC08モード)と、このクラスのSUVとしてはまずまずである。

 これまでのジープのイメージを覆すような都会派SUV『コンパス』。詳しくは、XaCAR5月号(4月10日発売)をお楽しみに。

 (XaCAR編集部・大野田)

画像ギャラリー