[編集スタッフブログ] 花見もいつか電気が主流になるのかしら!?

 本日、皇居そばの「千鳥が渕の桜」はまだまだ蕾でした。すぐ近くの靖国神社の桜、東京の開花宣言を出す桜があるところですが、今年の桜の開花は入学式と重なると言われていますね。

 そうなると、花見も始まりますね。花見といったら、お友達や仕事仲間とワイワイ、ガヤガヤお食事を楽しむかと思いますが、今年はまたひとつ新しいことにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 それは、今までカセットコンロや炭火でバーベキューをしていたことを、ハイブリッドカーや電気自動車から電源を取り、IHでバーベキューするとい うことです。クルマが持ち込める場所限定になってしまいますが、今までと違った演出方に、一緒にいられる方々とより楽しい時間をすごせると思います。なに よりIHだと、危険度が低いし、炭火のようにバーベキュー後の処理がないので、小さなお子さんがいるご家庭には特にオススメです。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

photoアイ・ミーブやリーフの電池を利用して、家庭用の100ボルトをとる方法が、盛んになりそうです。電気自動車の電池は、家庭用の電源として考えると、2~3日分もあるそうですから、お花見バーベキューは、問題ありませんね。

 編集部の駐車場で、カセットコンロで何か焼いている山本さんを見つけました。このスタイルは時代遅れですよ。そんなことを考えるほど、本日は春の陽気でした。

 (XaCAR編集部アシスタント女子・トモゾウ)

画像ギャラリー