[編集スタッフブログ] 新しい空力パーツの「小魚ちゃん」見つけた!

 前回は真っ赤なアクアの外観の感想だけお届けしましたが、トモゾウも今回は試乗することができました。と言ってもですね、洗車したクルマのホイールを乾かすために走らせただけなので、試乗は10分にも満たないですけれどね。

 なので、「滑らかな走り心地とクラスを超えた走りの性能」などなど、コンパクト・ハイブリッドカーの高評価なところを確認することはまったくできず。運転すること自体も、みんなに酷評された3月号の別冊付録の撮影の時以来だから緊張します(笑)。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

Katou1でも見て下さい。意識しているわけでもないのに思わず日産のベテラン・テストドライバー加藤博義さん流、「手のひらにタマゴを入れたつもりでステアリングを握る」ようになっています。この握りかたをするとクルマをスムーズに動かすことに集中するため、運転が丁寧になり、また安全でもあるそうです。

Katou_2加藤さん流、なんて言っていたら編集長が大笑いして「さすが、門前の小僧だな」だって。門前の小僧って、調べてみると「教えて貰っていないお経を覚えてる」ってことですね。なんとなくわかりますが、直接言われたのは初めて。でも、なんでも知らないより知っていたほうが面白いですよ。

Katou_3アクアだけではないんですけれど、最近のトヨタのクルマは面白い空力研究をしているそうですよ。それがこの小さい突起の部分。

 取材のテープ起こしでは、技術屋さんが「小魚ちゃん」って言ってました。アクア以外にも、アベンシス、話題の86などにも付いているそうです。こ れが絶妙な空力のバランスをとっている、とっても大事なものらしいですよ。みんなも小魚ちゃん見つけてみてねー。

 (XaCAR編集部アシスタント女子・ト モゾウ)

画像ギャラリー