2012 全日本 袖ヶ浦EV 50kmレース大会 予選 今年もEV2クラス・リーフ同士の熱い戦いが見どころ!?

 東京では桜も見ごろとなった4月8日(日)、千葉県袖ヶ浦市にある袖ヶ浦フォレストレースウェイでは、2012 全日本 袖ヶ浦EV 50kmレース大会が開幕した。3シーズン目となる今年の開幕戦には、これまで以上に多くの参加台数を集め、パドックには早朝からエントラント、そして関 係者、さらには観戦に訪れた多くのギャラリーが集まり、これまで以上に熱気があふれていた。

 雲ひとつない好天に恵まれ、コース上はドライ。風もなく、穏やかな午前中に行なわれた予選は、恒例のワンカーアタックではなく、15分間のセッションとなり、エントリーした全車が同時にタイムを競う合うこととなった。

【関連記事】ヒコセブンの人気モデルカーブランド「CARNEL」最新作! 200系クラウンが300台限定で発売

JEVRA0012台のテスラ・ロードスターが参戦するEV-1(モーター出力100kw以上)クラスでは、昨年のチャンピオン、井土智洋選手が1分17秒398でポールポジションを獲得。レーサー復帰となる砂子塾長選手が、ノーマル状態のテスラで6秒差の2番手につけた。

JEVRA002日産リーフがしのぎを削るEV-2(モーター出力50kw以上100kw未満)クラスは、昨年惜しくもチャンピオンを獲れなかったエンドレスアド バンリーフ(今年はドライバーを青木孝行選手から村田信博選手にスイッチ)が1分25秒613で、クラストップの3番グリッドを獲得。昨年からくもチャン ピオンを獲得した日本自動車大学校NATSリーフの金井亮忠選手は、コンマ1秒差の4番手。両者ともに、前日の練習走行からタイヤのチョイスを継続して行 なっており、シーズンを見据えた戦いの様子。こちらのガチンコバトルはまた今年も楽しめそうだ。もちろん、同様に昨シーズンエントリーをしていた他の3台 のリーフに、東京自動車大学校リーフも加わり、開幕はリーフ全6台によるレースとなる。

JEVRA003三菱i-MiEV4台がエントリーしたEV-3(モーター出力50kW未満)クラスでは、服部尚貴選手がトップタイム1分36秒362をマーク、 10番グリッドを獲得した。今回出場する4台のうち3台はマイナーチェンジを受けたi-MiEVで、マイチェン後モデルによる袖ヶ浦初レースとなる。電費 の向上したモデルとマイナー前のモデルとどのように違うのか、も見られるいい機会となる。

JEVRA004EV-C(市販車改造)クラスにエントリーしているMINI Eの2台は、出力規模からするとEV-1クラスに属することとなるが、モーター出力とバッテリー容量ともに、スペックから見るとリーフよりちょっと上、と いうレベル。モーター&バッテリーとも空冷式のため、温度上昇を避けペースは控えめで、予選結果は8番手(桂伸一選手)と9番手(レーサー鹿島選手)に収 まった。

 この決勝レースはレース距離50kmとなっている。予選のアタックのようなタイムを競うものではなく、速いスピードを維持しつつもきっちり駆動用電源を使い切って、どう決勝を走りきるか、だ。各チーム、ドライバーの技量と頭脳が試される。

画像ギャラリー