[編集スタッフブログ] GT-Rの故郷、仙台ハイランドに異常あり!

 先日紹介した日産GT-R春の開発テスト。大雪の影響で、3月20日から仙台ハイランドを舞台に予定されていた開発テストの一部を、同じく宮城県仙台市にあるスポーツランドSUGOへ移しての開催となった。

 さて、その春の第1弾に続く、第2弾の仙台テストは、4月10日から予定されていた。もちろん、開催場所は仙台ハイランドレースウェイ。のはず が、なんと、先日日本中に吹き荒れた爆弾低気圧の影響と思われる甚大な被害により、テストは、またしてもスポーツランドSUGOでの開催。仙台ハイランド での開催は見送りとなってしまった。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

201203hilandGT-R開発チームの話しによると、3日夜から4日にかけての暴風により、ドライバーズサロン(食堂)はほぼ基礎部分を残して形もない状態。 VIPルームは屋根がうねっている状態。コントロールタワーも相当数のガラス割れが生じ、タイヤサービス棟は半壊に近く、中に入れる状態ではないという。

 さらに芋煮会の会場として使われていたドームやガレージは屋根がなくなっており、電柱も傾いていたらしい。電気と水道が遮断されている。予定されていた走行イベントは中止となり、当面の営業も中止となってしまっている。ちなみに、併設している遊園地やゴルフ場は問題なく営業している。

 震災の被害にも負けず営業再開にこぎつけただけに、関係者の皆様には本当にお気の毒としか言えないが、早く復旧して、GT-Rのさらなる進化のための環境が戻ることを切に望みます。

 (XaCARレポーター・青山義明)

画像ギャラリー