[編集スタッフブログ] FCXクラリティに充電コンセントができたっ!

 FCV(燃料電池車)は水素を燃料とした発電所を背負って走行する電気自動車、である。ホンダの開発したFCVであるFCXクラリティは、2008年に登場したFCV専用設計の車両である。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

Clarity001今回、ホンダはV2Lというコンセプトを発表した。V2LのV2とは「Vehicle to~(クルマから)」の意味で、V2H(クルマから家)やV2V(クルマからクルマ)というエネルギーのリレーのことを指す。ホンダが提案するV2L は、そのエネルギーの供給先をもっと広く定義したもので、その「L」には、ライフ(Life)、ライブ(Live)、リバティ(Liberty)、そして ラブ(Love)という意味を持たせている。他車への融通や自宅外の住宅への電源供給のように、緊急時には、EVから電源を確保し人々の命をつなぐという ものだ。

Clarity002そこでV2Lコンセプトに即し、お披露目されたのが「外部給電付きFCXクラリティ」だ。もともと、充電の必要のないFCVは、充放電用のポート を持っていない。特に専用設計のクラリティならなおさら。外板を切り抜くといった荒業をせず、トランク内部に外部給電用のコンセントを用意することとした ようだ。ちなみに外部給電が可能なFCVはこれまで存在せず、クラリティが初となる。

Clarity003このトランクに収まるように可搬型インバータボックスを搭載している。驚くべきはその給電能力で、9kW連続7時間以上! 一般家庭使用電力の6 日分に相当する。100V/30Aが3系統あり、15Aが6個、30Aを3個のコンセントを持つ。この可搬型インバータボックスの重量は50kgを切る。 さすがにきちんとトランクに収納でき、さらには電源コードを装着してもトランクを閉めてロックもできるようになっている。

Clarity004緊急時の電源供給という面を考えると、FCVは非常に有効となるだろう。他社からも同様の給電システムの発表、そして市販車の発表のニュースを待ちたい。

 (XaCARレポーター・青山義明)

画像ギャラリー