[編集スタッフブログ] ゲームからリアル世界を走るニュルのGTーRとは?

 GTアカデミーチームのドライバー、ルーカス・オルドネス君がグランツーリスモでニュルを走っています。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

virtual001ゲームのグランツーリスモからリアルレーサーになったルーカス君の話は、ザッカー6月号で紹介しておりますので、そちらを参照いただきたいです。そんな現在活躍中のルーカス君は、さて、一体何をしているのでしょうか? という問題。

 この写真は、ニュルのチームスイートでのひとコマ。つまり、サーキットに入ってもこのドライビングシミュレーターを活用しているわけです。

 えっ? 単なるゲーム好き? いえいえ、ぜんぜん違いますよ。コースを覚える? それも違います。走行データをひたすら取っているんです。シフトポイント を6500回転と7000回転では、どのくらいタイムが上がり、どの程度燃費が悪くなるのか、ドライバーの走行をそのままデータとして活用してしまうとい う、今までにない、新たな試みをしているんです。

virtual002ちなみに、このようなデータを取るというプログラム自体は開発中のものですが、いずれは販売されるでしょう、とのこと。グランツーリスモって、まだまだ進化するんですねぇ。

 (XaCARレポーター・青山義明)

画像ギャラリー