[編集スタッフブログ] ニュルで登場するコンセプトカーたち~その2

 YouTubeなどで、もう多くの方がご覧になったと思いますが、ザッカーで初めて現物と対面しました。初対面? そう、それは、ジュークR!

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

juker001ジュークRは欧州日産がドバイ24時間レースのペースカーとして作ったコンセプトモデル。ジュークのボディに、GT-Rの心臓であるVR38やデュアルクラッチ6速ミッション、トランスアクスル4WDを移植、少量限定生産で実際に販売をするというモデルです。

 今回、グランドスタンド隣接のリング・ブルバードに、日産GTアカデミーのイベントブースが出展されており、GT-Rや370Z(フェアレディZ)らとともに展示されていました。

juker002実際に見てみると、こんなに丸っこいクルマなんだということに改めて気付かされました。ハーフマットブラックのボディカラーとフロントバンパーは迫力満点です! 非常に乗ってみたいと思う一台ですね。

 (XaCARレポーター・青山義明)

画像ギャラリー