[編集スタッフブログ] ルノー・トゥイジーは3点&2点の5点留め?

 ルノーの小型2人乗りモビリティ、トゥイジーには、これまでとは異なるシートベルトが追加されているのをご存じですか? 24時間レースをやっていたニュルブルクリンクサーキットでのRWEイベント会場で、実際にトゥイジーを観察することができました。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

twizy001トゥイジーは、ご覧のとおり、横幅1190mmの2人乗り小型EV。シートは1列で2座となる。ボディ横にある幅広のバーがドア代わりで、側面衝 突の保護バーも兼用します。シートベルトは通常の3点式シートベルト(運転者の左側2点+右側1点での固定)が装着され、さらに右肩側に2点式のシートベ ルトが追加されます。

twizy002この追加シートベルトはスウェーデンのオートリブ社が開発したもの。3点式シートベルトは前面衝突に対しては威力を発揮するが、側面衝突に対して の効果は小さいとされています。この追加シートベルトとの併用で、側面衝突だけでなく、車両が傾いたりした場合の事故にも効果的ということです。特に肩が 固定されていない側への身体の車外放出のような事態にも効果があるようです。

twizy003_2実際の装着は、右腕を追加ベルトに通して通常のシートベルトをつけることになります。腕を大きく上げる必要もないし、簡単に両肩を固定でき、使い やすそう。4点式シートベルトより簡便で、高齢の方などにはいいかもしれません。ただ、4点式も雰囲気があって捨てがたい、とも思います。

 (XaCARレポーター・青山義明)

画像ギャラリー