[編集スタッフブログ] ニュル24時間レースに電気自動車も大集合!

 24時間レースが行なわれるニュルブルクリンクサーキットでは、いろいろなイベントが行なわれていますが、ある一角には、充電スタンドが並べられました。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

ev001スタンドには、「RWE」のロゴ。そうです。ドイツの巨大電力会社エール・ヴェー・エーのイベントスペースです。充電スタンドがあるわけですか ら、電気自動車(EV)やレンジエクステンダーEVも並んでいます。車両が出たり入ったりしているので、正確な数字はわかりませんが、日産リーフは22台 も並んでいました。テスラ ロードスターもバージョン2.0と2.5の新旧取り混ぜて10台近くあった様子。

ev002日本でお目にかかれないEVもたくさんありました。最多のルノー勢は、カングーZE、フルエンスZE、そして2人乗りのトゥイジーが所狭しと並び ます。オペルのアンペア、シトロエンはC-ZERO。これは三菱i-MiEVのOEM版です。もちろん本家i-MiEVもいます。

 フィスカー・カルマは、実際に見てみるとでかいです。フィアットでは500EV、そしてフィオリーノEV。地元ドイツ勢からはスマートEVとアウディ・イートロンもありました。

 どれも乗ってみたいクルマばかり、でした。サーキット移動用に使わせてくれたらいいのになぁ、と思いつついずれそんな日も来ることでしょう。

 (XaCARレポーター・青山義明)

画像ギャラリー