[編集スタッフブログ] いや、ニュルの夜はほんとに暗いんですって

 ニュルブルクリンク ノルトシュライフェのコースサイドは、そのまま森、です。たま~に、発電機で照明が設置されている場所もありますが、そんな場所はそう多くあるわけではないのです。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

darkness001今回のニュルの時季は、夜は9時半過ぎくらいまで撮影ができます、朝は5時半過ぎればなんとなく撮影ができる感じでした。つまり、この真っ暗な8時間のうちに、うっかりコースサイドに行くとなると、相当大変なことになります。

darkness002もちろん、コースを走るドライバーから眺める景色も真っ暗ですね。いかにヘッドライト&補助灯が重要かわかります

darkness003真っ暗な中ぬぅっと出て来たほろ酔いお兄ちゃんたちに「写真を撮ってくれ」なんて言われることもあります

 でも、夕焼けや日の出を撮影しようと思うと、真っ暗ななか撮影ポイントまで行き来しなければなりません。重たい機材も持って行くのでヘッドランプ が欠かせません。でも今回忘れてしまったんです。ぜひ次回は忘れずに持っていきたいと思います。

 (XaCARレポーター・青山義明)

画像ギャラリー