[編集スタッフブログ] トヨタがカリフォルニアで発売するRAV4 EV

 トヨタがテスラとの共同開発で、2012年中に登場させるとしていたRAV4のEVは、5月6日にアメリカ・ロサンゼルスでで発表された。テスラ とEVの共同開発をするという2010年5月の発表から、半年後の11月のLAオートショーでコンセプトモデルも登場し、さらにそこからちょうど1年半 と、ずいぶんと早いタイミングで実際の市販車発売を発表することとなった。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

RAV4EV01詳細は発表されていないが、テスラと共同開発ということで、バッテリー&パワートレインは、交流同期モーターに18650型セルのリチウムイオンバッテ リーを使用するのはまず間違いないだろう。バッテリー電力量は41.8kWh。モーター最高出力は、115kWとしている。バッテリーの保証は8年10万 マイル。これはテスラ ロードスターの保証している7年16万kmに非常に近い数字だ。保証年数が上がっているのは、それだけ電池の進化が見られたのかもしれない。

 スポーツモードでは0→60mph(97km/h)加速で7.0秒を達成。最高速は100mph。ノーマルモードは最高速85mphで 0-60mph加速で8.6秒となる。1回の航続距離は160km。価格は49800ドル。今夏以降にカリフォルニアのみの販売。販売目標は、3年間で 2600台となる。

RAV4EV02で、個人的に引っかかったのが、ドライブセレクトレバー。なんとプリウスなどに使われているシフトレバーがそのまま採用となったようだ。EVだけにハイブリッド車系とは異なる装備を期待していたけれど。

RAV4EV03コンセプトモデルでは、テスラで採用のボタン式だったんだけど…

 (XaCARレポーター・青山義明)

画像ギャラリー