【パイクスピーク2012】 モンスター田嶋選手のパイクスマシン、最終テストに潜入!?

 磐田市竜洋中学校での「E-RUNNER パイクスピークスペシャル」お披露目&出陣式が終わったわずか2時間後、愛知県にあるモーターランド三河に、ついさきほど生徒たちの眼の前にあったマシンが到着していた。

【関連記事】BMW 8シリーズグランクーペの限定車「コレクターズエディション」が発売! 特別なボディカラー&インテリアカラーを採用

Montaji11台風が近づいて天候が崩れるという予報もあり、その前に少しでも走行してデータを取っておきたい、ということでこの走行は急遽決まったもの。カ ラーリングが施された状態での走行は、これが初、であり、「E-RUNNER パイクスピークスペシャル」の国内最終チェックの機会でもあった。

Montaji13関係者が見守る中、走り出したE-RUNNERは、幅2mほどあるにもかかわらず、長い全長に対して非常にナロートレッドという印象。走り方もフロントがぐいぐいと入り込んでいく感じだ。ストレートに戻って来ると、その加速力が異次元のものだということがわかる。

Montaji12走行はわずか20周ほどで、雨が降り出す前に無事終了。相変わらず詳細なスペックは公開されなかった(現地で、ということだが、もしかするとレー ス終了するまで詳細が語られない可能性がある、とのこと)が、田嶋選手は「速くなった」と最終の仕上がりに満足げ。あとは現地での最終調整が残るのみ、 だ。

画像ギャラリー