[編集スタッフブログ] ついに来た? アウディR8 e-tronがニュルEVラップ記録!

 これまでさまざまなスーパースポーツカーが挑んできている、ドイツ・ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェ(全長20.8km)のラップレコード。これに、年末に市販される予定のアウディR8 e-tronが挑み、市販車最速記録を刻むこととなった。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

Audietron01ニュルのEVのレコードタイム、現在は、TMG(TOYOTA MOTOSPORT GmbH)が作ったラディカルベースのEVマシンTMG EV P001(今年のパイクスピーク・ヒルクライムレースに出場する奴田原選手が乗るマシンは、このマシンのパイクス用に改良したモデル)。このラップタイム が7分47秒794となる。もちろん、この車両は市販車ではないので、単純にEVとしての記録は残るが、アウディのものとは多少性格が異なる。

『Sport Auto』によると、これまでのEVラップ記録は、2010年4月に9分54秒45(MINI E)、2011年4月27日にプジョーEX1の9分1秒338、そして2011年8月29日に、TMG EV001の記録という変遷をたどるが、非常に早い頻度で大幅なタイム向上が見られるのも特徴だ。

 現在のオールオーバーでの最速記録は7分11秒57(グンベルト・アポロスポーツ)。V10のアウディR8は2010年12月の記録で7分34秒の記録が残っている。

Audietron02タイムアタックを行なったR8 e-tronは、200km/hでかかるリミッターを解除し250km/h仕様としたもの。ドライバーは、マーカ ス・ヴィンケルホック。今年のニュル24時間レースを制覇したアウディR8(#3 アウディ・スポーツ・チーム・フェニックス)を駆ったドライバーのひとりだ。タイムアタックは去る6月26日に行なわれ、8分9秒099のタイムを出して いる。

 アウディR8 e-tronは、R8をベースにしたEV。アルミとカーボンで徹底的に軽量化され車両重量は1780kgとなっている。49kwhのリチウムイオンバッテ リーはT字型に搭載されており、航続距離は215km。0→100km/h加速で4.6秒。年末には市販予定となっている。

 今回の記録達成以外に、200km/hリミッターのままのR8 e-tronでのアタックも行なっており、そのタイムは8分26秒096であったという。

 (XaCARレポーター・青山義明)

画像ギャラリー