【パイクスピーク2012】 延期されたパイクスピーク開催日が、決定!! 8月12日決勝!!

 当初7月8日に開催が予定されていた2012PPIHC(2012 パイクスピーク インターナショナル ヒルクライム)。開催場所のコロラドスプリングス周辺の大規模山火事の影響で、3万2000人が強制非難を強いられ、350棟に及ぶ住宅が被害に遭っている。そのためレースは延期されたが、約1ヵ月遅れで開催されることが決定した。

【関連記事】マイナー競技がモンスターの「棲家」だった! 全日本ジムカーナ選手権「SC車両」の「魔改造っぷり」が強烈すぎる

ppihc6月28日未明に延期が発表されてからちょうど1週間となる7月4日、アメリカでインディ500に次いで2番目古い歴史を持つ、このレースの開催を決定した。レースウィークは8月7日から12日。スケジュールは、8月7日に車検、8~10日は公式練習日、日本人トップドライバーが多数参戦するEVクラスの予選は8月8日となる見込み。決勝レースは現地時間8月12日(日曜日)の9時スタートとなる。

 パイクスピークは、標高2500メートルから標高4300メートルの地点まで駆け上がるヒルクライムだ。秋になると氷点下になり、レース開催は難しい状況だった。これでひとまず安心だが、7月8日の決勝に向け、チームのほとんどが現地入りしていた。費用とスケジュールを含め、参加者の負担は大変だが、関係者はホッとしている。EVの戦いに期待したい。

画像ギャラリー