[編集スタッフブログ] テスラのシフトレバーはどこへいく?

 先日デリバリーが始まったテスラのモデルSだが、そのコクピットの写真が手に入った。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

Tesla01床下にはバッテリーケースが納まっているだけで、リア軸上に搭載したモーターで後輪を駆動するので、センタートンネルは存在しない。そのため、室 内の床もほぼフラットとなる。前席の間には小物を置くことのできるスペースと、肘掛を兼用するドリンクホルダー&小物入れがある。

あれ? 重要なものがない? そう、シフトレバーはここにはない。もうお気づきの人はいると思うが、ステアリングコラムから生えた2本のレバーのひとつがそれだ。写真で見る限り、メルセデスのモデルに使用されているものとよく似ている。

Tesla03表現としてはやはりコラムシフトと呼ぶべき?(笑) ボタン式のロードスターに比べ、ちょっと未来感がない、と思うのは自分だけではないはず!?

 (XaCARレポーター・青山義明)

画像ギャラリー