【パイクスピーク2012】やっぱり田嶋選手の人気はすごい!

 アメリカ・コロラド州コロラドスプリングスで開催のパイクスピークヒルクライムレース決勝を日曜に控えた金曜日。各チームは決勝前最後の走行を終え、コロラドスプリングスのダウンタウンへ繰り出します。

【関連記事】VWゴルフ トゥーランが仕様変更! パワートレインの変更や最新インフォテイメントを採用し利便性向上

PPIHC0812001ダウンタウンでは、ファン・フェスタと呼ばれる一種のお祭りが開催されます。ダウンタウンの目抜き通りを歩行者天国として、そこにパイクスピークヒルクライムレースに出場するマシンを並べ、ドライバーやチームがレースファンとの交流を深めるのです。

PPIHC0812002アウディやドゥカティ、そしてトヨタのサイオンのブースがならび、公園ではバンド演奏あり、レッドブルがX系のイベントをやったりして、大盛りあがりです。三菱のブースでは、出場するi-MiEVと市販i-MiEV(米国名 Mitsubishi i)を展示していますが、なんと、MiEV POWER BOXの実演ということで、i-MiEVの電気でお湯を沸かして、カップ麺を配布していました。

PPIHC0812003もちろん、いろんなイベントがありますが、やっぱりメインはパイクスピークの出場選手とマシン。マシンを間近で見ることができるチャンスであり、多くのマシンには触ることもできます。出場選手はファンサービスでサイン会を行なったりします。

PPIHC0812004このファン・フェスタで、サイン会以外にもイベントやらで引っ張りだこの人物といえば、現在パイクスピーク6連勝中の田嶋選手! タジマモーターのブースでは長蛇の列ができています。やっぱりこの街では超有名人だということがわかりますね。なんだか、日本国内でももっとこのくらいの評価はあっても良いのでは? と思ってしまいます。

PPIHC0813003_1夜10時まで開催されたファン・フェスタですが、翌土曜日はセットアップデーということで、走行はなし。チーム関係者は決勝スタートとなる日曜の早朝まで、短い休息のときを迎えます。それでも土曜日の夜には、マシンをスタート地点までもって行かねばならず、完全に羽根を伸ばせる時間はなさそうです。

 (XaCARレポーター・青山義明)

画像ギャラリー