[編集スタッフブログ] スバルXVがお洒落な街「原宿」でデビュー

 スバルXV発表会の案内が編集部に届いていた。場所はファッション最先端の街原宿〟にある表参道ヒルズ・地下ホール〝スペース オー〟。新車の発表会会場としては、びっくりのお洒落な場所だ。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

omotesando01会場へ着くと広報部はじめスタッフのみなさんが、お揃いのオレンジ色のタイ(女性はオレンジのスカーフ)を身につけて出迎えてくれた。オレンジはXVのテーマカラーだ。スタッフもお洒落にコーディネイトされているのに、またまたびっくり。

 ここまでファッションこだわったのは、XVがお洒落な都会派クロスオーバーだというアピールなのだ。表参道ヒルズの前にクルマを置いても、街並みに溶け込んでいる。表参道ヒルズにはXVののぼりが並び、まるで原宿を占拠したかのようなプロモーションである。

omotesando02これまでのスバルは、どちらかというとスタイリングは二の次で、機能重視というメーカーであった。XVはファッション最先端の街でデビューさせ、ハイセンスなイメージで展開しようということである。もちろん、新世代ボクサーエンジンやシンメトリカルAWDなどは、標準のインプレッサと共通。219.45万円~の価格設定で、高機能なクルマが買えるのである。流行に敏感な人も気になる存在となれるか?

omotesando03クルマ好きとしては、低重心の水平対抗エンジンのSUVがどんな走りを見せるか、楽しいハンドリングを実現しているのか、早く確かめてみたい車である。

 (XaCAR編集部・大野田)

画像ギャラリー