[編集スタッフブログ] CEATEC2012 クルマとドライバーが会話!?

 クルマも確実にIT技術と密な関係になっていくのだろう、ということを実感させてくれたのがトヨタのSmart INSECT(スマート・インセクト)だ。トヨタ車体製の小型電気自動車「コムス」をベースに、最先端のIT技術を盛り込んだコンセプトカーだ。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

ceatec2まず驚くのが、車両前方に設置されたモータションセンサーが、顔と輪郭でオーナーを認識し、個人認証を行なうことだ。さらにドライバーはネットワーク上のバーチャルエージェントと会話し、スマートフォンを介して目的地を設定したり、クルマの機能を操作することができる。

 また、サイバーエージェントはクルマの操作だけでなく自宅の施錠や家電の操作も行なってくれるという。まさに次世代のITカー。これが当たり前になる時代がくるのだろうか!?

 (XaCAR編集部・石川)

画像ギャラリー