[編集スタッフブログ] CEATEC2012 これが未来のクルマだ! 無人で走行するリーフ

[XaCARブログ] CEATEC2012 これが未来のクルマだ! 無人で走行するリーフ

 CEATEC JAPAN(シーテックジャパン)2012で発表された「NSC-2015」。これはリーフで自動運転を行なうモデルだ。スマートフォンと連携させ、クルマの施錠もスマートフォンで行なう。目的地を入力したら、自動運転を開始。目的地に着いたらオーナーはクルマを降りて、クルマは自動で駐車場に停めに行く。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

autonomous1電気自動車である「NSC-2015」は、駐車場で非接触充電を行ない、オーナーが用事を済ませたら、クルマを駐車場から呼び出すといった流れである。

 まるでナイトライダーや鉄腕アトムといった世界なのだが、技術的には可能な所まできているのだ。クルマの運転が不要な時代は、もう目の前なのかもしれない。クルマ好きにとっては、少し寂しい話しではあるのだが…。

 (XaCAR編集部・大野田)

画像ギャラリー