[編集スタッフブログ] 楽しいクルマが集まった2日間。モータースポーツジャパン無事終了

 10月21-22日の2日間お台場で開催されたモータースポーツジャパンフェスティバル2012。今年もザッカーはブース出展していました。出展車両はザッカー9月号で取材した「オーテックA-25」と、ザッカー&トラスのコラボでエコカーカップに参加している「軽量プリウス」の2台。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

msj2012_5A-25は、現代に甦ったハコスカGT-R!? というキャッチフレーズで、初日はフロントが目立つように展示していたのですが、あまりにもリアを見たがる人が多いので、2日目はフロントとリアを入れ換えて展示。すると、ますます人だかりが大きくなりました。

 軽量プリウスは、カーボンボディで約135kgもノーマル比で軽くなっているということで大人気。なぜかボデイをコンコン叩いて音を確認する人が多かった。なんでカーボンボディだとコンコン叩くのか不明なのだが、多くの人が展示車両をコンコンしておりました。

 ザッカーブースは大賑わいだったのですが、イベント全体も大いに盛り上がりを見せていた。主要自動車メーカーやパーツメーカーが、GTマシンやフォーミュラ-などを持ち込んで、デモンストレーションやドライバーのトークショー・サイン会などを開催していました。

msj2012_4サーキットよりも身近にマシンやドライバーに触れあえるということで、大人も子供もクルマ好きにとっては至福のひととき。こんな楽しい時間が入場無料なのだがから、今回遊びに行けなかった人は、来年こそは行くべきなんです。

 今回ザッカーブースに遊びに来てくれたみなさん、本当にありがとうございました。

 (XaCAR編集部・大野田)

画像ギャラリー