[編集スタッフブログ] 「運転が上手くなるミニバン」、発売終了が迫る!!

「運転が上手くなるクルマ」がコンセプトであるSTIコンプリートカーシリーズ。お台場で行なわれたMSJ(モータースポーツジャパン)には、近日発売予定(!?)のD型ベースの「レガシィtSコンセプト」がお披露目されていました。そんな中、現在発売中の「エクシーガtS」が10月28日で受注終了となります。

【関連記事】[編集スタッフブログ]体もデカいが、心もデカい男!モンスター田嶋の殿堂入り祝賀会

ts01よく言われるのが「普通のモデルを購入して、STIのパーツを組み込めは同じでしょ?」。

 確かに近付けることができますが、同じにはなりません。それはコンプリートカーとしてトータルチューニング=調律されているからです。

ts02一見、同じように見えるパーツ(フレキシブル系パーツやサスペンション)もtSに合わせて専用セットアップされていますし、その他にもtS専用となる「ブッシュ」や「VDC制御」だったり、タイヤ(ポテンザRE050A)は、先代レガシィ(BP/BL)用がベストマッチだった…などなど、カタログやリリースで発表されている以外の細かなパーツまでこだわっているのです。

ts03ただ、ミニバンですので「走りがいい」だけではダメで、2列目3列目の乗員への快適性も犠牲にすることはできません。走りと快適性、相反する要件を高次元で両立させるSTIマジック。実はレガシィやインプレッサよりもエクシーガが一番重要な要件だったりします。そういう意味では、一番STIのコンセプトが色濃く出ているコンプリートカーと言ってもいいかもしれませんね。

 ニュル24時間のレースカーも開発/製作しているSTIの職人集団が手掛けたスポーツミニバン。ここまで走りにこだわったミニバンは世界中探してもないと思います。
「でもアイサイトが付いてないから…」という人もいるかもしれません。ただ、クルマの基本性能を高める=安全性にも繋がります。そういう意味では、tSには独自の「見えない安全装備」が標準されていると思えば…。

ts04ちなみにSTIコンプリートは基本的には限定生産のため、チャンスを逃すと二度と手に入りません。さらに言うと、奇跡的に中古車で見つけたとしても、値落ちも少ない…。だったら、最初から新車で手に入れたほうが幸せ…というものです。悩んだ人は、今週末スバルのディーラーへ急いだほうがいいと思います。本当にラストチャンスですから。

画像ギャラリー